厚生労働省がアスベスト労災認定事業所を公表 5年ぶりに1000カ所超

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は18日、従業員がアスベスト(石綿)を吸って深刻ながんなどを発症し、2018年度に労災認定や救済認定を受けた事業所927カ所の名称を公表した。個人で作業を請け負うなど非公表のケースを含めると認定は1003カ所に達し、13年度以来5年ぶりに1000カ所を超えた。

 石綿を吸った可能性のある人に対して注意を喚起するため、労災認定や石綿健康被害救済法に基づく認定のあった事業所名を毎年公表している。18年度の認定者数は前年度より34人増え、1088人だった。疾病別では、肺がんが前年度より50人多い394人、中皮腫(ちゅうひしゅ)が30人少ない543人、石綿肺が12人多い64人だった。

 業種別の労災認定者は建設業が全体の57.0%を占めた。造船業は8.9%で、大企業を中心に被害が目立つ。製造業全体では34.2%だった。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文768文字)

あわせて読みたい

ニュース特集