メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚生労働省が公表した石綿労災・救済認定事業所の一覧

 アスベスト(石綿)を吸った従業員が中皮腫や肺がんなどの関連疾患を発症し、2018年度に労災と認められた事業所927カ所(うち建設業539カ所)を厚生労働省が18日に公表した。公表情報を基に、事業所ごとの認定者の病名や人数の累計をまとめた。

 認定者と同じ事業所に勤めていた人が関連疾患を発症すると、労災認定などで補償される可能性がある。工場周辺の住民被害が判明し、企業から補償されることもある。

 また、国の責任を認めた泉南石綿国家賠償訴訟の最高裁判決(2014年)に基づき、製造業などの工場で1958年5月~71年4月に石綿を扱う作業をして労災認定されるか、じん肺所見があった人は、国から新たに賠償を受けられる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り7116文字(全文7428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです