メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん未知の特徴をAIが発見 医師より高精度で再発予測 理研などのチームが開発

組織の病理画像。濃い赤と黄色の部分はAIが自ら見つけたがんの特徴=理化学研究所提供

 病理細胞の画像から、がんを再発しやすい人の特徴を自力で見つけられる人工知能(AI)を開発したと、理化学研究所などのチームが18日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。見つけた特徴は既存の診断基準と合うだけでなく、専門家が気付かなかったものも含まれており、診断技術の向上につながる可能性がある。

 チームは、前立腺がん患者100人分の病理画像を非常に細かく約11億に分割し、がんの特徴を教えずにAIに読み込ませた。AIは各画像を分析し、外見上の類似点で分類。患者の再発の有無や、再発までの期間といったデータと組み合わせ、再発しやすい人がもつがん組織の特徴を自ら見つけ出した。その特徴は、前立腺がん判断の国際基準と合っていたという。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです