メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「社会状況改善すべく性的被害公表 公共性ある」 伊藤詩織さん勝訴 判決ポイント

東京地裁で勝訴後、記者会見する伊藤詩織さん(右)=東京都千代田区で2019年12月18日午後4時2分、丸山博撮影

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)から性的暴行を受けたとして損害賠償請求し、勝訴した。争点になったのは、性行為に合意があったかどうか。東京地裁は、伊藤さんの供述について「客観的な事情や行為後の行動とも整合し、信用性が高い」とする一方、山口氏の供述は「重要部分で不合理な変遷がある」と判断。酩酊(めいてい)状態の伊藤さんに対し、山口氏が性行為に及び、意識回復後も体を押さえつけて性行為を継続した――と認定した。判決のポイントを整理した。【中川聡子、塩田彩/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです