メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト・近藤 ワクチン寄付で表彰 投球数に合わせ10年以上

感謝状を受け取る近藤一樹投手(左)=2019年12月17日午後0時32分、中村有花撮影

 10年以上にわたり途上国の子供たちにワクチンの寄付を続けてきたプロ野球・ヤクルトの近藤一樹投手(36)に17日、東京都内で認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」から感謝状が贈られた。近藤は2009年以来、毎年、投球数に応じた数のワクチンの寄付を継続。剱持睦子理事長からは「静かに黙って10年も続けてくださった。本当にありがとうございます」と言葉をかけられた。

 寄付をはじめたきっかけは、自らの苦しみから生まれたものだった。オリックスに在籍していた09年当時、…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです