メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のんさん「すてきなまち」広めたい 岩手県、聖火ランナー52人発表

俳優、のんさん=広島市中区で2016年、山田尚弘撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーについて、岩手県は17日、52人のランナーや詳細なルートを発表した。来年6月17~19日の3日間、28市町村の52.16キロを264区間に分けて、聖火を運ぶ。【小鍜冶孝志】

 聖火ランナーは、県推薦で選出された55人のうち、本人から承諾を得た52人について発表した。各界の著名人約20人が含まれる。どの区間を走るかは、本番の2~3週間前に発表される。

 県出身の著名人は、スポーツ選手が多く選ばれた。スキージャンプの小林陵侑選手(23)やプロボクサーの八重樫東選手(36)、スノーボードの岩渕麗楽選手(18)やパラ陸上の大井利江選手(71)らが名を連ねた。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです