メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のんさん「すてきなまち」広めたい 岩手県、聖火ランナー52人発表

俳優、のんさん=広島市中区で2016年、山田尚弘撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーについて、岩手県は17日、52人のランナーや詳細なルートを発表した。来年6月17~19日の3日間、28市町村の52.16キロを264区間に分けて、聖火を運ぶ。【小鍜冶孝志】

 聖火ランナーは、県推薦で選出された55人のうち、本人から承諾を得た52人について発表した。各界の著名人約20人が含まれる。どの区間を走るかは、本番の2~3週間前に発表される。

 県出身の著名人は、スポーツ選手が多く選ばれた。スキージャンプの小林陵侑選手(23)やプロボクサーの八重樫東選手(36)、スノーボードの岩渕麗楽選手(18)やパラ陸上の大井利江選手(71)らが名を連ねた。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです