メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇野復調「どういう試合か想像もつかない。楽しみに」フィギュア全日本

公式練習に臨む宇野昌磨=東京・国立代々木競技場で2019年12月18日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は19日、東京・国立代々木競技場で開幕する。18日には公式練習が行われ、主な選手が報道陣の取材に応じた。

 男子では、大会3連覇中ながら今季のグランプリ(GP)シリーズでは不調だった宇野昌磨(トヨタ自動車)が復調した様子を見せ、取材でも明るい笑顔を見せた。アイスダンスへの転向を表明しシングル出場は今大会限りとなる高橋大輔(関大KFSC)も、緊張感を持ちながら軽快に動いた。4年ぶりの出場となる羽生結弦(ANA)はこの日の公式練習には姿を見せなかった。

 男子はショートプログラム(SP)が20日、フリーが22日に実施される。選手の主なコメントは次の通り。

 今季の中では、やっと通常に戻れたなと思う。ちょっと(コーチ不在で)ゴタゴタしたままシーズンが始まり、でも気づけばちゃんと地に足がついたというか。まだどこまで言っていいか分からないが、たぶんステファン(ランビエル・コーチ)のところにお邪魔する。あ、言っちゃった(笑い。注=今大会は臨時コーチとして同行)。

 全日本は…

この記事は有料記事です。

残り1645文字(全文2095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです