メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

玉川奈々福の狂言回し

浪曲師の玉川奈々福=田中博子撮影

 人気浪曲師の玉川奈々福が来年1月8~24日、東京・新国立劇場中劇場で舞台「阿呆浪士」(脚本・鈴木聡、演出・ラサール石井)に狂言回しの役割で出演する。「稽古(けいこ)中にいろんな人のアイデアをそばで見られるのがおもしろい。私の芸としては浪曲一本だけど、この経験は確実に自分の栄養になっている」と話す。

 赤穂浪士の討ち入りの物語を翻案したコメディー。奈々福は三味線を弾きながら語りを務める。「狂言回しは舞台とお客さんとの橋渡し役。若い人は前提となる赤穂浪士を知らない場合もあるので、前振りでは簡単な説明をしながら客席をはやして温めたい」

 1994年に初演され、98年の再演では浪曲師の故・国本武春が狂言回しをした。「武春師匠は芸が多彩で、お客さんを腹の底から笑わせた。希望の星のようにしてずっと背中を追いかけてきた大先輩がやった役なんだという思いもある」と感慨深げに語る。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです