ブラインドサッカー 児童200人、VR体験 品川 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
音を頼りにボールを探すクラスメートに、画面に映ったボールの位置を教える子どもたち=品川区東五反田2の日野学園で
音を頼りにボールを探すクラスメートに、画面に映ったボールの位置を教える子どもたち=品川区東五反田2の日野学園で

 来年のパラリンピックの正式種目「ブラインドサッカー」を仮想現実(VR)で体験する授業が16日、品川区東五反田2の小中一貫校、日野学園であり、4年生と5年生計約200人が体験した。

 授業ではIT会社「フューチャー」が作ったアプリを使った。ブラインドサッカーでは視覚障害のある選手がボールの中の鈴の音を頼りにボ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

注目の特集