メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

「先頭に立って走る」 豊川、都大路で健闘誓う 毎日新聞社来訪 /愛知

都大路で健闘を誓う(右から)豊川高の石田校長、男子の松永監督、鈴木主将、女子の深澤主将、平澤監督と若菜代表=名古屋市中村区の毎日新聞中部本社で

[PR]

 京都・都大路で22日に開催される男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に男女そろって出場する豊川の選手らが18日、毎日新聞中部本社(名古屋市中村区)を訪れ、健闘を誓った。

 男子の鈴木竜太朗主将(3年)と松永光雄監督、女子の深澤萌々主将(同)と平澤元章監督、石田潤校長の5人が訪問した。

 6年連続7回目の出場を果たした男子の鈴木主将は「記念大会なので例年より出場校が多いが、先頭に立って走りたい」と意気込んだ。女子は2年連続12回目の出場。チーム全体が本調子でない中、県大会で優勝を勝ち取った。深澤主将は「支えてくれた人たちへの感謝の思いを忘れず、苦しんだ分を胸に走りたい」と語った。若菜英晴・毎日新聞中部代表は「選手層が厚く、全国のチームにマークされる存在。優勝を狙える力を持っているので期待している」とエールを送った。【大野友嘉子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです