メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

取り残された障害者描く 22日、神戸で上映 /兵庫

映画「星に語りて~Starry Sky~」の一場面=©きょうされん

 東日本大震災の際、障害を抱えて避難できずにいた人たちと、そうした人を支援した人たちを描いた映画「星に語りて~Starry Sky~」(2019年、松本動監督)が22日、神戸市長田区久保町6のアスタくにづか4番館4階の「アートシアターdB神戸」で上映される。市内での上映は初で、主催者は「誰も取り残さない防災について考えるきっかけにしてほしい」と来場を呼びかける。

 障害者の就労や暮らしを応援する事業所の全国組織「きょうされん」が製作。東日本大震災では、岩手、宮城、福島の3県で身体・知的・精神の障害者手帳を持つ人が犠牲になった割合は、住民全体と比較すると2倍以上に上った。こうした調査結果や、当時の事実に基づいて脚本が書かれた。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです