メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

御所実、頂点に挑む 選手の抱負紹介 /奈良

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。県代表として2年ぶり12回目の出場となる御所実はAシードとして2回戦から登場。30日午前9時半から、同ラグビー場第1グラウンドで、近大和歌山(和歌山)と朝明(三重)の勝者と対戦する。大会を目前に控えた選手たちの意気込みや抱負を紹介する。【小宅洋介】

 日ごろ、周りの方に支えてもらっていることに感謝し、ひたむきにプレーしたい。

 周りの方々へ感謝して、自分の力を最大限に出し、ワンチームで戦い抜きたい。

 残りの日数で自分に足りていない点を改善して、メンバーに入りたい。

 最後まで全員でやり切り、笑って終われるように、ワンチームでやり切りたい。

 チーム全員が「WE ARE ALL ONE」で初の優勝をできるように頑張りたい。

 天理戦はチーム全員の勝利だった。チーム一丸となって、優勝目指して頑張りたい。

 さまざまな人の助けがあっての全国大会なので、最後までやり切りたい。

 自分はまだ力不足だが、「WE ARE ALL ONE」でやり切りたい。

 この1年は悔し涙ばかり流していたので、最後はみんなで笑いたい。

 春の選抜大会で負けた桐蔭学園に勝って、目標としていた全国制覇を果たす。

 育ててくれた親や、支えてくださった方々に感謝し、ワンチームでやり切りたい。

 メンバーに入っていなくても全力でやり切り、みんな笑顔で終われるように頑張る。

 全員笑顔で終わりを迎えられるよう、ワンチームになって取り組みたい。

 残りの時間でフォワードの仕事にさらに磨きをかけて、最後まで諦めずに頑張りたい。

 支えてくださった方に感謝して、最後まで…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです