メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

高校教育改革のあり方 「論理国語」は必要か 文学軽視への懸念も=論説委員・濱田元子

 高校の国語教育が大きく変わろうとしている。2022年度から実施される新学習指導要領では実用面が重視され、文学と切り離した「論理国語」が新設される。一方で、子どもたちの読解力が低下している現状が、経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(PISA)の結果で浮かび上がった。読解力は、社会における円滑なコミュニケーションにも関わる。文部科学省の理念が先にありきの改革で、真の読解力は得られるのか。子どもたちの未来を見据え、いま一度立ち止まって考えてみたい。

この記事は有料記事です。

残り2073文字(全文2304文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです