メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

高校教育改革のあり方 「論理国語」は必要か 文学軽視への懸念も=論説委員・濱田元子

 高校の国語教育が大きく変わろうとしている。2022年度から実施される新学習指導要領では実用面が重視され、文学と切り離した「論理国語」が新設される。一方で、子どもたちの読解力が低下している現状が、経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(PISA)の結果で浮かび上がった。読解力は、社会における円滑なコミュニケーションにも関わる。文部科学省の理念が先にありきの改革で、真の読解力は得られるのか。子どもたちの未来を見据え、いま一度立ち止まって考えてみたい。

 新指導要領では、現行で必修科目の「国語総合」が、「現代の国語」と「言語文化」に分かれる。選択科目は既存の「国語表現」に加え、「現代文」「古典」を再編した「論理国語」「文学国語」「古典探究」が新設される。

 文学者や教育関係者らが懸念を示しているのが、「文学」から切り離され、「近代以降の論理的文章及び現代の社会生活に必要とされる実用的な文章」を教材に扱うとしている「論理国語」だ。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2304文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです