メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

AIひばりと「これから」=人羅格

 大みそかの紅白歌合戦に、NHKは「AIひばり」を登場させるという。

 AIひばりは30年前に亡くなった歌手、美空ひばりさんの歌声や歌い方の膨大な音声記録を人工知能(AI)に学習させ、立体映像とともに本人のように再現する試みだ。特集番組が9月に放送され、注目を浴びた。

 番組では舞台にAIひばりが現れ、秋元康さん作詞の新曲「あれから」を披露した。故人がよみがえったような光景に同席したファンの多くは感激し、涙した。反響は大きく、18日にCDまで発売された。

 「故人の再現」にAIが参入し始めたインパクトは大きい。芸能分野に限らず、さまざまな領域で新たな試みや課題が生じるだろう。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文874文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです