メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トランプ米政権のパリ協定離脱 温暖化、政争の具にするな=福永方人(ロサンゼルス支局)

「グローバル気候マーチ」デモで温暖化対策の強化を訴える若者たち。若い世代ほど気候変動への危機感が強い=米西部カリフォルニア州サンタモニカで2019年11月29日、福永方人撮影

 トランプ米政権は11月4日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を国連に通告し、1年後の離脱が正式に決まった。来年1月から始動する協定に世界第2位の温室効果ガス排出国が事実上参加しないことになり、科学者や国際社会は離脱を非難。各種世論調査によると、米国民の大半も反対している。だがトランプ政権は、オバマ前政権時代の温暖化対策を後退させる規制緩和を次々に打ち出す。トランプ大統領を支持する保守派の間で、温暖化に懐疑的な見方が根強いためだ。気候変動問題は米国で政治的分断を象徴するトピックになっている。

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文2031文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです