メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

矢作千鶴子さん=国内外で着物を広げる活動を続ける

 「訪日外国人が不思議がるんです。日本人って着物、着ないのって」

 日本人がほとんど身につけなくなった着物を広げる活動を国内外で続ける。昨年はパリで、今年はベルリンで、現地の男女に着物を自分で着てもらうセミナーを開いた。

 2002年、子ども5人を連れて米カリフォルニア州に住んだとき、日系人社会が開く盆踊り大会に足を運んだ。日系3世、4世という人たちが独自の着付けをして踊っていた。「着物は日本人の魂」と気付き、「どうして日本人は着物を捨ててしまったの!」と感じた。

 帰国後、着物を中心に地方活性化を進める一般社団法人「トラディションジャパン」を設立。着物活性プロデューサーとして、08年から「温故知新」と名付けた着物ショーを毎年のように開く。最近は、訪日外国人に着物や浴衣を着る楽しさを伝えている。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです