メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

矢作千鶴子さん=国内外で着物を広げる活動を続ける

矢作千鶴子(やはぎ・ちづこ)さん(63)

 「訪日外国人が不思議がるんです。日本人って着物、着ないのって」

 日本人がほとんど身につけなくなった着物を広げる活動を国内外で続ける。昨年はパリで、今年はベルリンで、現地の男女に着物を自分で着てもらうセミナーを開いた。

 2002年、子ども5人を連れて米カリフォルニア州に住んだとき、日系人社会が開く盆踊り大会に足を運んだ。日系3世、4世という人たちが独自の着付けをして踊っていた。「着物は日本人の魂」と気付き、「どうして日本人は着物を捨ててしまったの!」と感じた。

 帰国後、着物を中心に地方活性化を進める一般社団法人「トラディションジャパン」を設立。着物活性プロデューサーとして、08年から「温故知新」と名付けた着物ショーを毎年のように開く。最近は、訪日外国人に着物や浴衣を着る楽しさを伝えている。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです