メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

互いに尊重しながら働く環境を作る 障害がある社員のサポーター・足立吉央さん

足立吉央さん(25)

 「何か困ったことはありませんか?」。相手の目を見て丁寧に耳を傾ける姿には、ベテランのような頼もしさがある。

 企業が障害者の働く場を増やすのに、書類の電子化や郵便の振り分けなど比較的簡単な業務を委託する「特例子会社」を作り、障害がある人を雇用する方法がある。SOMPOホールディングスにも特例子会社「SOMPOチャレンジド」(西東京市)があり、そこで部署を横断してスタッフを手助けし、相談対応に当たるサポーター職を務めている。

 高校時代、統合失調症を患う友人ができたのがきっかけで福祉の道を志した。大学で精神保健福祉を学び、アルバイト先だった知的障害者の入所施設に就職。だが、障害のある人とない人の関わりを社会に広げたいと感じ、企業の中に身を置く挑戦を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです