メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

自動ハンコ押しロボット

 最近、考えさせられたのが「自動ハンコ押しロボット開発」のニュース。未決箱の書類を契約書・請求書といったカテゴリー別に分類。画像認識して押印すべき位置が変わっても――複数ページの書類なら押印の必要なところまでめくり、ロボットアームが印鑑を持ち朱肉につけ、全自動で押印するスグレモノという。

 確かにすごい技術の集大成なのだが、このデジタル時代に人手の象徴のハンコをロボットが押すというのは――哲学的というか倒錯的な感じがする。私も最初知ったときは、開発力を誇るためにユーモラスな遊びで開発した、部品メーカーのCMの「玉乗りロボット」のようなものの発表かと思った。

 しかし、どうもよく読むと「金融機関や自治体など、契約書・請求書のデジタル化が進んでいない業界の押印作業を効率化する狙いで、月額制で提供予定」とあるから、本気で商品化する気らしい。それなりのマーケティングが背景にあり、本当に需要があるのだろう。だが、こういう機械に需要がある日本という国の状況は心配だ。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです