メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

自動ハンコ押しロボット

 最近、考えさせられたのが「自動ハンコ押しロボット開発」のニュース。未決箱の書類を契約書・請求書といったカテゴリー別に分類。画像認識して押印すべき位置が変わっても――複数ページの書類なら押印の必要なところまでめくり、ロボットアームが印鑑を持ち朱肉につけ、全自動で押印するスグレモノという。

 確かにすごい技術の集大成なのだが、このデジタル時代に人手の象徴のハンコをロボットが押すというのは――哲学的というか倒錯的な感じがする。私も最初知ったときは、開発力を誇るためにユーモラスな遊びで開発した、部品メーカーのCMの「玉乗りロボット」のようなものの発表かと思った。

 しかし、どうもよく読むと「金融機関や自治体など、契約書・請求書のデジタル化が進んでいない業界の押印…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです