メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸田政調会長の「片腕」 派閥きっての「党人派」悼む声相次ぐ 望月義夫氏死去

望月義夫元環境相

 自民党の望月義夫元環境相(72)=衆院静岡4区=が19日に死去したことを受け、望月氏が事務総長を務めた岸田派(宏池会)や党内から悼む声が相次いだ。望月氏は岸田派きっての「党人派」で、ポスト安倍をうかがう岸田文雄政調会長にとっては「片腕」のような存在だっただけに、総裁選への影響を懸念する声も上がった。

 岸田氏は党本部で記者団に「長年、行動を共にした仲間であり、派閥の事務総長として私を支えてくれた。同志であり、かけがえのない存在だった。まさに断腸の思いだ」と悼んだ。同日の岸田派の会合では、所属議員が沈痛な面持ちで黙とうをささげた。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです