メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芸術薫るホテル開業 前衛美術家・小松さん、描画ライブで祝福 ロイヤルクラシック大阪

 冠婚葬祭大手ベルコを経営母体とする結婚式場併設の「ホテルロイヤルクラシック大阪」(大阪市中央区難波4)が1日、開業した。廊下などの共用部に美術作品約100点を季節やイベントごとに入れ替えて展示する「ミュージアムホテル」をうたっている。

 開業直前の先月末には、ホテル3階の大宴会場「麗(うるわし)・壽(ことほぎ)」で、前衛美術家の小松美羽さん(35)が絵を描く過程を見せる「ライブペイント」をホテル関係者に披露した。約40分をかけて同会場に飾る「門」をテーマとした絵画「祈りにこたえ 幸せの光よ永遠に」を完成させた。

 小松さんは白の装束姿で登場すると、縦約1・9メートル、横約1・3メートルの金箔(きんぱく)を張った2枚のキャンバスに向かって座り、マントラを唱えて拝礼した。氏神とその土地が持つ歴史に感謝し、集う人々の思いや祈りを享受する彼女流の儀式だ。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです