メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明浄学院元理事長、借金の早期返済迫られ着服か 期限過ぎると多額の損害金

山岸忍容疑者=プレサンスコーポレーションのホームページから

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で土地売却の手付金21億円が横領された事件で、元理事長の大橋美枝子容疑者(61)=業務上横領容疑で逮捕=が、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)の社長、山岸忍容疑者(56)=同=から別会社を通じて18億円を借り受けた際、返済期限を過ぎると多額の損害金を支払い、資産の差し押さえも認める条件になっていたことが、関係者への取材で判明した。実際に返金されたのは、期限から8カ月後だった。

 18億円は大橋容疑者らが法人の買収に使ったという。横領された21億円は山岸容疑者側への返済に充てられたとされ、大阪地検特捜部は、大橋容疑者が早期に資金を返す必要があったとみて調べている。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです