明浄学院元理事長、借金の早期返済迫られ着服か 期限過ぎると多額の損害金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山岸忍容疑者=プレサンスコーポレーションのホームページから
山岸忍容疑者=プレサンスコーポレーションのホームページから

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で土地売却の手付金21億円が横領された事件で、元理事長の大橋美枝子容疑者(61)=業務上横領容疑で逮捕=が、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)の社長、山岸忍容疑者(56)=同=から別会社を通じて18億円を借り受けた際、返済期限を過ぎると多額の損害金を支払い、資産の差し押さえも認める条件になっていたことが、関係者への取材で判明した。実際に返金されたのは、期限から8カ月後だった。

 18億円は大橋容疑者らが法人の買収に使ったという。横領された21億円は山岸容疑者側への返済に充てられたとされ、大阪地検特捜部は、大橋容疑者が早期に資金を返す必要があったとみて調べている。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文831文字)

あわせて読みたい

注目の特集