メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリパラ影響、千葉の花火大会が続々中止に 警備員の確保難しく

ふなばし市民まつりのフィナーレを飾った「船橋港親水公園花火大会」=2019年7月、船橋市提供

 来夏開催される東京五輪・パラリンピックの影響で、千葉県内で同時期に開かれる花火大会や市民まつりなどのイベントの多くが日程変更を余儀なくされている。主な理由は警備員の確保が困難なためで、時期を変えても他の行事などとの重複や開催場所の確保が難しく、やむなく中止が決まったイベントも出ている。【小林多美子】

 五輪は7月24日~8月9日、パラリンピックは同25日~9月6日に開催される。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです