メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「伊藤詩織さんの著書はうそか妄想。正直に話すのが通常」山口氏側が非難

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)から性的暴行を受けたと訴えた民事訴訟で、東京地裁は18日、山口氏に伊藤さんへの慰謝料計330万円の支払いを命じた。判決を受け、山口氏が19日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見し、「一方的な判決だ」と全面的に反論した。

 山口氏は午後1時、会見場に入った。ベージュのジャケットに白いワイシャツ姿。冒頭は英語で「裁判所は私の主張を一方的に退けた。伊藤さんの主張は(性行為後に伊藤さんが受診した)病院のカルテなど証拠類と矛盾している」と判決を批判。伊藤さんは山口氏を準強姦(ごうかん)容疑で刑事告訴したが刑事事件としては立件されなかったことを挙げ、「私が合意なく性行為したというなら、客観的証拠を示してほしい」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文589文字)

中川聡子

2006年入社。千葉支局、東京・社会部、生活報道部を経て、統合デジタル取材センター。性差別を追った年間連載「ガラスの天井」取材班として、16年貧困ジャーナリズム賞。19年にも「児童扶養手当の資格確認を巡るスクープ報道」で同賞を受けた。ジェンダーや家族、格差に関わる問題を中心に取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです