メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「判決は性暴力変える指標に」伊藤詩織さん、バッシングには「法的措置」

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)から性的暴行を受けたと訴えた民事訴訟で、山口氏に慰謝料など330万円を支払うよう命じる判決が出たことを受け、伊藤氏は19日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。【塩田彩/統合デジタル取材センタ-】

 勝訴判決から一夜明けた伊藤さんは、紺色のジャケットと白いブラウス姿で登場。英語で「良い結果が出たことに今も信じられない気持ちだ」とした上で、「判決は性暴力の現状を変える指標になると思う」と語った。

 判決は、伊藤さんが当時、強い深酔い状態にあり、自らの意思でホテルには行っていないとした。その日のうちに産婦人科を受診したことや、数日後に友人や警察に相談していることから、合意のない性行為だったと認定。「同意があった」とする山口氏側の反論を退けた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文680文字)

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです