どら焼きにムンク「叫び」の焼き印 徳島・大塚国際美術館のカフェ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
通常の「叫び」どら焼き(左)とクリスマス仕様の「叫び」どら焼き=徳島県鳴門市鳴門町の大塚国際美術館で2019年12月3日午後1時48分、菅健吾撮影
通常の「叫び」どら焼き(左)とクリスマス仕様の「叫び」どら焼き=徳島県鳴門市鳴門町の大塚国際美術館で2019年12月3日午後1時48分、菅健吾撮影

 ムンクの代表作「叫び」に描かれた顔や、サンタ姿の「叫び」をイメージした焼き印付きどら焼きが大塚国際美術館(徳島県鳴門市)のカフェに登場した。

 「敷居が高く感じる西洋絵画を身近に楽しんで」と、2年前から「叫び」を模したどら焼きを秋冬限定で販売。25日までは帽子とひげ付きのクリスマス仕様となる。

 徳島名産の鳴門金時あんと地元産イチゴを…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文244文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集