メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「だれもが愛しいチャンピオン」知的障害者バスケ成長描く映画、27日から

映画「だれもが愛しいチャンピオン」の一場面(© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE)

 知的障害者のバスケットボールチームの選手とコーチの交流と成長を描いたスペイン映画「だれもが愛(いと)しいチャンピオン」が27日から全国で公開される。障害とは何か。何が基準なのか。幸せとは――。作品は問いかける。ハビエル・フェセル監督に映画の魅力や撮影の裏話などを聞いた。

 映画はプロチームのコーチを解任された男性が障害者チームのコーチに就き、全国大会で快進撃をみせるというストーリー。当初、コーチは選手の言動に戸惑う。「まっすぐ走れ」と指示するとそのまま体育館から出て行ってしまう。靴を左右逆に履いていることに気づかない。

 だが、選手たちの目線は違う。「僕をばか扱いする連中は僕を知らないだけ」(ある選手)。コーチは短気でたびたびかんしゃくを起こしていたが、徐々に選手を褒めるようになる。「対処法を我々が教えている」(別の選手)――。そんな、心に刺さるセリフが随所に出てくる。

 出演者の多くは知的障害者。フェセル監督によると、オリジナルの脚本があったが、出演者に合わせてセリフを「あて書き」し、ほ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです