メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪マラソン、変則周回コースを3周 組織委とIOCが合意

東京五輪マラソンコース

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、暑さ対策で札幌市に移転された五輪のマラソンコースを発表した。運営の効率化や費用削減を目的に、大通公園を発着点としてレース前半は市中心部の約20キロを1周、後半は1周目の北半分約10キロを2周する変則的な3周コースとなる。10月に国際オリンピック委員会(IOC)が札幌変更案を提案し、2カ月で大筋決着した。

 組織委によると、札幌市時計台や北海道大などを通過する1周目の20キロはほぼ決まっていた通りになった。2周目以降について、ワールドアスレチックス(世界陸連)がより効率的な運営のため約7キロのコンパクトなコースを3周することを求めたが、組織委の20キロ1周案との間をとった。テレビ塔を背景にスタートし、景色の良い大通公園を最初に2周することで残りの距離を調整する。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです