メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「3人娘時代は、一番ふてくされていました」 伊東ゆかりさんの歌手生活

「サワコの朝」に登場する伊東ゆかりさん(右)=MBS提供

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、12月21日午前7時半~8時)のゲストは、歌手の伊東ゆかりさん。

 20歳の時に大ヒット曲「小指の想い出」でNHK紅白歌合戦に出場。その年の日本レコード大賞歌謡賞を受賞するなど、一世を風靡(ふうび)した。

 さらに、中尾ミエさん、園まりさんと結成した“スパーク3人娘”としても活躍。2005年には、解散から40年ぶりに3人娘が復活したことでも大きな話題になった。歌手生活67年目を迎えた現在はコンサートツアーで全国を巡り、変わらない歌声で人々を魅了し続けている。

 しかし、意外にも「歌うことが大嫌いだった」と自身の幼少期を振り返った伊東さん。厳しかった父の歌唱指導のもと、6歳から進駐軍で歌を披露していたものの「直立不動で笑いもしないで歌っていた。“ノンスマイル”いうあだ名がついたほど(笑)いつか辞めてやる。私はなんで歌わなきゃならないの?と思っていた」と当時の心境を吐露。さらに「本当は『小指の想い出』が嫌だった」と切り出した伊東さんが、当時の隠された苦悩をサワコに打ち明けた。

 一方、プライベートでは、幼少期に母親が何度も変わるというつらい経験をした伊東さん。50年ぶりに再会した生みの母とのエピソードや、「はっきり言って、一番ふてくされてました」と“スパーク3人娘時代”の秘話をサワコに語ってくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです