メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

歌手・山田太郎さん 「新聞少年」に円熟の味 でも「咲くのはまだ先」

「浅草が大好きでね。毎朝、散歩は欠かしてません」=東京都台東区で、根岸基弘撮影

 ふいにテレビから懐かしい歌が流れてきた。台風の被害者に手を差し伸べるチャリティーコンサートらしい。♪僕のアダナを知ってるかい 朝刊太郎と云うんだぜ……。1965年に大ヒットした「新聞少年」。ときは高度成長時代、眠い目をこすり、こすり新聞を届ける勤労少年を大いに励ました。還暦の私はなぜか不思議なくらいよく覚えているが、少し若い後輩記者がこう言うのだった。「うーん山田太郎ねえ。漫画『ドカベン』の主人公でしたっけ?」

 「アハハ。まあ、そんなものですよ」。東京・浅草に生まれ育った。亡き父、西川幸男さんは老舗芸能事務所…

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです