メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

八戸の子ども食堂

 地域の子どもに食事を無料・低額で提供する子ども食堂。NPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」が6月に公表した調査結果だと、その数は全国で3718カ所に上る。

 私が住む青森県も昨年の8カ所から16カ所に倍増した。立役者の一人が八戸学院大健康医療学部准教授の佐藤千恵子さんだ。3年前、ゼミ生と子どもの貧困について調査したのを機に八戸で初の子ども食堂を開設。現在は…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです