メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

「花の生涯」井伊直弼のお膝元 滋賀・彦根 決断と粋、輝ける先人

 明智光秀が主人公の来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」。今から楽しみだが、光秀といい、石田三成といい、近江ゆかりの武将の評判は、主君謀殺や野心家といったイメージからか地元以外では芳しくないように思える。幕末の大老で彦根藩主の井伊直弼(なおすけ)もしかり。安政の大獄を断行した独裁者か、はたまた開国の英雄か――。舟橋聖一が「花の生涯」で描いた人物像に触れようと滋賀県彦根市を訪ねた。【山本直】

 この作品は1952~53年の毎日新聞の連載小説で、NHK大河第1作をはじめドラマ化もされた。描かれた直弼は居合や茶道に通じた器の大きい人物。地元では家督を継ぐ際に先代が残した15万両を領民に分配、江戸では米国に修好通商条約締結を迫られて右往左往する幕府を引っ張り開国へと導く。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 芦屋にニホンザル 消防本部倉庫で捕獲後、六甲山に運ぶ途中で死ぬ

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです