メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
旅ゆけば漁師町

出島(堺市堺区) 住吉信仰と潮湯の銭湯

出島漁港=大阪市堺市堺区で、林宏樹さん撮影

 昭和30年代まで、大浜海岸と呼ばれた遠浅の砂浜が続き、景勝地としても知られていた堺市の海浜部。堺臨海工業地帯の埋め立てにより景色は一変したが、現在も堺市には出島、石津の二つの漁港が残っている。

 出島へは、南海湊駅から徒歩5分ほど。阪神高速の高架をくぐり、工場に囲まれた船だまりに行くと、そこに並ぶ漁船のほとんどが住吉丸を名乗っていた。

 堺は住吉大社のみこしが宿院頓宮(とんぐう)に渡御する「住吉さん」のお膝元。700年の歴史を持つ夏の風物詩「堺大魚夜市」もみこしの渡御に際し、地元の漁師が魚を神前に奉納し、大浜海岸に魚市が立ったのが始まりだとか。船名からも海の神様である住吉大社へのあつい信仰が垣間見えるのが面白い。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです