メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

通底する思い

 「ああ、これだ」と思わず声が出た。広島原爆の爆心地にほど近い本川小学校にある「平和資料館」。壁などに被爆の痕跡が残る鉄筋コンクリート造りのかつての校舎の地下室に、50年前に制作され1991年まで原爆資料館に展示されていた3代目のパノラマがあった。

 長径6メートル、短径5メートルの楕円(だえん)形。上空約600メートルで爆発した原爆が生んだ火球を示す赤い球が中心につるさ…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  2. 「感染者がいない場所に逃げてきた」鳥取・島根が隠れた人気に 新型コロナで

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです