メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 洞海湾にかかる若戸大橋のたもと、北九州市若松区の若松南海岸通りは、石炭の積み出し港として栄えた過去を象徴する歴史情緒豊かな建物が並ぶ。

 この通りで開催される関連イベントを紹介する北九州面用の原稿で、この通りを過去記事にならって「通称・若松バンド」と表現したところ、一角にある国の登録有形文化財・旧古河鉱業若松ビルの若宮幸一館長(…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです