メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

男子・豊川 一致団結 優勝狙う 1、2区で上位キープを /愛知

県予選会で優勝し、笑顔を見せる豊川の選手たち=愛知県一宮市で

[PR]

 男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が22日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に開かれる。11月の県予選会で5年連続6回目の優勝を果たした豊川は、6年連続7回目(東海地区代表での出場を含む)の都大路で、7年ぶりの優勝を狙う。【三浦研吾】

 県予選会では1区から一度もトップを譲らず、2位に4分近い差を付けて圧勝した。今年は県予選会のコースが変わったため単純に比較はできないが、2時間3分48秒の記録は、県予選会の男子最速記録を更新。今回の都大路出場校の記録では全体で2位だった。

 都大路での理想のレースプランは、1、2区で少しでも差を広げておくことだ。最も長い10キロを走る1区は、鈴木竜太朗主将(3年)が濃厚。5000メートル記録がチームトップの14分11秒で、昨年も都大路で1区を走り、区間16位だった。松永光雄監督(51)は「今年はその半分(8位)以上で来てもらうしかない。5、6番でもいいから1位と離れずに」と期待を寄せる。1年生だった一昨年は6区で区間2位の快走を見せた。鈴木主将は「1位から15秒以内でたすきをつなぐ」と意気込む。

 レースのキーマンになりそうなのが、柳本匡哉選手(3年)だ。鈴木主将と同じく1年時から2年連続で都大路を経験。一昨年は4区で区間35位に沈んだが、昨年は2区で区間2位。今年も2区を走る可能性が高く、松永監督は「柳本は区間1位しかない」と話す。今年のインターハイ1500メートルで2位に入った柳本選手は「今年は最後なので丸刈りにして気合を入れている。22日に照準を合わせ、チームを勢いづけられる走りをしたい」と力を込める。

 市川大輝、谷口賢、原田愛星(まなと)の3年生3選手も5000メートルは14分12~22秒で、県予選会ではそれぞれ区間賞を獲得した。今年のインターハイ5000メートルに出場した小林亮太選手(2年)も県予選会ではメンバー外だったが、東海大会4区で区間賞。昨年の都大路では5区で区間7位となった経験を今年も生かしたい。

 松永監督が就任した2016年以降、27位、17位、そして昨年は8位と、着実に順位を上げてきた。決して大きいことを言うタイプではない松永監督だが、「メンバー外も含め、部員全員の気持ちが一致団結した時にそれなりの結果が付く。優勝を視野に入れながら、3番以内を目標にしている」と自信を見せる。


県予選会記録 2時間3分48秒

監督 松永光雄(51)

市川大輝(3)  14分22秒

鈴木竜太朗<3> 14分11秒

谷口賢(3)   14分12秒

原田愛星(3)  14分19秒

柳本匡哉(3)  14分19秒

浅井皓貴(2)  14分52秒

安藤圭佑(2)  14分33秒

小林亮太(2)  14分19秒

前田徹平(2)  14分37秒

吉村聡介(1)  14分30秒

 ※丸数字は学年。白抜きは主将。記録は今年度の5000メートルのベスト記録。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです