メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

若者と街頭の政治

 近年、香港を筆頭に、韓国や台湾など生活水準やライフスタイルが日本とさほど違わない国や地域で、国政を左右する若者らのデモが目立つ。日本でなぜ同種の運動が大規模化しないのか。日本の若者と政治との距離感、日本の社会運動にまつわる「空気」を考える。

モノ申すのは「わがまま」と 富永京子・立命館大准教授

 今の中高生や大学生は社会運動に対して、「わがまま」「自己満足」などネガティブなイメージを抱いている人が多い。社会や政治にモノ申すことが「わがまま」と捉えられてしまう社会になっているのではないか。

 大学生に「なぜ社会運動に参加しないか」を書かせると、仲間から浮くことを怖がる声が目立つ。

この記事は有料記事です。

残り4208文字(全文4498文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです