メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

森崇伸さん=白血病を機に働き方を見直した会社社長

 23歳の時、大阪で給湯器設置工事会社を起業した。何とか軌道に乗ると昼夜を問わず注文の電話を取り、5人ほどの従業員も毎日深夜まで働かせた。「仕事が終わるまで帰らないのは当然と思っていた。会社を成長させることで頭がいっぱいだった」。まさにブラック職場そのものだった。

 36歳で転機が訪れた。白血病と診断されたのだ。薬を飲めば病の進行を食い止められる慢性だったが、入院していた1カ月の間、人生を見つめ直した。「仕事で頑張っても病気になって死んだら意味がない」。当時の仕事ぶりでは、自身だけではなく従業員の人生も幸せにできないと反省した。そこで「仕事が終わり…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです