メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

もしもの前に「人生会議」

「もしバナカード」をする男性の家族=東京都内で、吉永磨美撮影

 病気や認知症になり、意思決定の力が落ちた時に備え、その後の治療やケア、生き方をどうするか事前に家族や医療・介護者と話し合い、決めておくプロセス「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」が注目を集めている。日本では厚生労働省が「人生会議」の呼称で普及を進めている。いつ、誰と何を話し合えばいいのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1475文字(全文1628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです