メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート 全日本選手権 紀平ミスでも首位 女子SP

女子SPで首位に立った紀平=佐々木順一撮影

 19日、来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねて東京・国立代々木競技場で開幕し、女子のショートプログラム(SP)は初優勝を目指す紀平梨花(関大KFSC)が73・98点で首位スタートを切った。2年ぶり5回目の頂点を狙う宮原知子(関大)が70・11点の2位、前回女王の坂本花織(シスメックス)は69・95点で3位につけた。女子フリーは21日に行われる。

 ペアSPは、三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)のみがエントリーし、53・95点をマークした。

この記事は有料記事です。

残り2245文字(全文2481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです