メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

南都銀行 橋本隆史頭取 地域活性化、推進役に 中小企業へ「番頭」

毎日新聞のインタビューに応じる南都銀行の橋本隆史頭取=奈良市の南都銀本店で、鈴木健太撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 日銀の超低金利政策が続き、地方銀行は厳しい経営環境が続いている。奈良県が地盤の南都銀行は2020~29年度の新しい経営計画を発表し、10年後のゴールに「活力創造ナンバー1グループ」になることを掲げた。地元企業などへのコンサルティング営業を強化し「地域経済活性化の推進役になる」と意気込む橋本隆史頭取(65)に計画の狙いを聞いた。【聞き手・鈴木健太】

 ――次期経営計画の狙いを教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです