メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート 全日本選手権 紀平、アクセル乱れ SP1位、ミス悔やむ

 フィギュアスケートの全日本選手権は19日、来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねて東京・国立代々木競技場で開幕し、女子のショートプログラム(SP)は初優勝を目指す紀平梨花(関大KFSC)が73・98点で首位スタートを切った。2年ぶり5回目の頂点を狙う宮原知子(関大)が70・11点の2位、前回女王の坂本花織(シスメックス)は69・95点で3位につけた。女子フリーは21日に行われる。ペアSPは、三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)のみがエントリーし、53・95点をマークした。

 男子は20日にSP、22日にフリーを実施。4年ぶりに出場する羽生結弦(ANA)、3連覇中の宇野昌磨(トヨタ自動車)、シングルで最後の出場となる高橋大輔(関大KFSC)らがエントリーしている。世界選手権代表は男女各3選手。

この記事は有料記事です。

残り1684文字(全文2047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです