メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府、馬毛島の半分以上取得 地元・西之表市に説明 米艦載機訓練の移転候補地

馬毛島=鹿児島県西之表市で2018年12月15日、本社ヘリから青木実撮影

 政府は20日、米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地として買収を進めている馬毛島(鹿児島県西之表市)の半分以上の土地を既に地権者から取得し、自衛隊馬毛島基地(仮称)として整備する方針を西之表市に伝えた。米軍と協議した上でFCLP施設に決定する。ただ、地元住民には騒音や事故への懸念も強く、160億円とした買収額についても説明が求められる。

 山本朋広副防衛相が同日午前に西之表市を訪問。FCLPについては「候補地」とした上で、近年の実績から多くて年2回、10日間ずつ程度で、騒音や漁業への影響もできる限り抑えるとして、八板俊輔市長に理解を求めた。午後には鹿児島県庁で三反園訓知事に説明する。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです