メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

思い出して神戸愛--「人口減少食い止めろ」市が25歳の同窓会

神戸市が製作するショートフィルム「僕たちは震災を知らない」の撮影風景。同窓会の参加者たちにも出演してもらう=神戸市中央区で2019年11月、反橋希美撮影

 人口減少に悩む神戸市は、仕事や結婚などで岐路に立つ年代にあたる25歳前後の若者を対象にした同窓会を企画した。「BE KOBE #25」と題し、帰省中の人も参加できるようにと今月28日に開催。1995年の阪神大震災をモチーフに市が製作するPRフィルムに、参加者の姿を収める。主催者は、若い世代に「神戸愛」を再確認してもらうとともに、震災を知る契機にもなればと期待する。

 市によると、昨年の市外へ転出した人から市内に転入した人を引く「転出超過数」は25~29歳が最多の804人。就職世代の流出にどう歯止めをかけるかが課題となっている。市主催の成人式への参加率は約6割(2019年)と「都市部としては高い」(広報課)ため、「成人式の次に、若者が神戸に集う機会を作りたい」と考えた。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです