多摩川に飛び込み高校生死亡 ラップバトル罰ゲームで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 19日午後9時45分ごろ、川崎市幸区古市場の多摩川大橋近くにいた少年(16)から「一緒にいた友人が川に飛び込み沈んでしまった」と119番があった。神奈川県警幸署によると、約1時間半後、橋から約5メートル下流の川底で同市川崎区、高校1年、太田羅月(らつき)さん(16)が見つかり、病院に搬送したが死亡が確認された。 

 同署によると、太田さんは河川敷で中学時代の同級生5人と一緒に、韻を踏んだ言葉を繰り返す「ラップ」の技術を競い合うラップバトルをしていた。負けた罰ゲームとして、橋脚から約5メートル下の多摩川に下着姿で飛び込んだという。河川敷から橋脚を登った後、欄干を伝って橋中央方向に移動し、さらに別の橋脚の途中まで下りて飛び込んだとみられる。

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文398文字)

あわせて読みたい

ニュース特集