サンショウウオとイモリを網羅「特盛山椒魚本」 北九州のNPO「魚部」が制作

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北九州・魚部が刊行した「ぎょぶる」特別編集版の「特盛山椒魚本」
北九州・魚部が刊行した「ぎょぶる」特別編集版の「特盛山椒魚本」

 水辺の生き物の愛好家らで作るNPO法人「北九州・魚部(ぎょぶ)」(北九州市小倉北区)が、サンショウウオとイモリを紹介する『特盛山椒魚本』(B5判205ページ、2800円)を制作した。魚部が発行する雑誌「ぎょぶる」の特別編集版で、大分県内のオオイタサンショウウオとソボサンショウウオなど国内に生息する全49種を網羅しており、来年1月から販売する。【衛藤親】

 日本両生類研究所(栃木県日光市)の展示飼育部長で写真家の関慎太郎さん(47)と、魚部の井上大輔理事長(49)が企画、編集を担当した。インターネット上で寄付を募るクラウドファンディングで寄せられた224万円を制作にあてた。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集