大分県警警部がテレビ局記者にセクハラ 居酒屋で体触る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大分県警大分中央署の40代の男性警部が今年11月、居酒屋で同席したテレビ局の20代の女性記者の体を触るセクハラ行為をしたとして、県警がこの警部に事情を聴いていることが捜査関係者への取材で分かった。男性警部は県警の聴取に大筋で事実を認め、依願退職する意向を示しているという。

 捜査関係者によると、男性警部は署での勤務を終えた平…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集