メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「おいしいコーヒーと優しい空間」難病の妻ら、カフェ開店 北九州

「優しい空間にしたい」と願う落水洋介さん、文子さん夫婦(右側)と大場崇生さん、紗代さん夫婦(左側)=北九州市八幡西区折尾のおりお喫茶で2019年12月2日午後1時6分、佐野格撮影

 北九州市八幡西区のJR折尾駅近くの幹線道路から一歩入った路地に今月、小さな喫茶店が開店した。運営するのは、同市の落水文子さん(38)と大場紗代さん(36)。2人とも難病や重病と闘う夫との二人三脚の日々を送っている。飲食店を運営するのは初めてだが、病気を持つ人やそのパートナーをはじめ、さまざまな境遇の人が気軽に集える「優しい空間」にできればと願っている。

 落水さんは、夫洋介さん(37)が2013年ごろ、全身の筋肉が徐々に硬直していく原因不明の難病、原発性側索硬化症(PLS)を発症した。洋介さんと小中学校の同級生だった大場さんと夫崇生さん(36)は洋介さんの電動車椅子取得に協力するなど支援。洋介さんは現在、同市の社会福祉法人で働きながら、各地に赴き自身の生き方などの講演活動をしている。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです