特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

ノーベル賞の吉野さん「環境問題は攻めの姿勢で」 日本記者クラブで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が20日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。吉野さんは「環境問題は絶好のビジネスチャンスだ。攻めの姿勢で捉えていかないと、サステナブル(持続可能)な社会は生まれない」と主張し、技術革新の重要性を訴えた。

 受賞理由のリチウムイオン電池は、地球温暖化対策などへの活用が期待されている。

 このため吉野さんはこの日「もし10年、20年後にサステナブルな社会が実現していなかったら、賞を剥奪されるんじゃないか」と笑いを誘いつつ、「そのくらいの重責を感じている」と表情を引き締めた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文501文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集