メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞の吉野さん「環境問題は攻めの姿勢で」 日本記者クラブで

 ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が20日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。吉野さんは「環境問題は絶好のビジネスチャンスだ。攻めの姿勢で捉えていかないと、サステナブル(持続可能)な社会は生まれない」と主張し、技術革新の重要性を訴えた。

 受賞理由のリチウムイオン電池は、地球温暖化対策などへの活用が期待されている。

 このため吉野さんはこの日「もし10年、20年後にサステナブルな社会が実現していなかったら、賞を剥奪されるんじゃないか」と笑いを誘いつつ、「そのくらいの重責を感じている」と表情を引き締めた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです