メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞の吉野さん「環境問題は攻めの姿勢で」 日本記者クラブで

 ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が20日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。吉野さんは「環境問題は絶好のビジネスチャンスだ。攻めの姿勢で捉えていかないと、サステナブル(持続可能)な社会は生まれない」と主張し、技術革新の重要性を訴えた。

 受賞理由のリチウムイオン電池は、地球温暖化対策などへの活用が期待されている。

 このため吉野さんはこの日「もし10年、20年後にサステナブルな社会が実現していなかったら、賞を剥奪されるんじゃないか」と笑いを誘いつつ、「そのくらいの重責を感じている」と表情を引き締めた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです