メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時短育休中の愛知・西尾市長「定時帰宅でもいい。自分なりの働き方を」

「育休」を取り、長男と夕飯を食べる中村健市長=本人提供

 小泉進次郎環境相が来年1月に予定される第1子の誕生後の育児休業を検討しているというニュースが話題になった。しかし、国内では男性の育休取得が進まない。取得率は6・16%(2018年度)にとどまっている。政府は20年に13%という目標を掲げるが、達成は難しそうだ。そんな中、愛知県西尾市の中村健市長(40)が11、12月、夕方以降の公務を控えて育児に専念する「育休中」。年の瀬、政治家として呼ばれることの多い忘年会などをキャンセルしている。どんな思いで決断したのか、聞いた。【聞き手・細川貴代、太田敦子】

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです