メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高額教材の販売被害110番 兵庫県弁護士会が26、27日に開催

 学習指導が付いた小・中・高校生向け高額学習教材を電話で勧誘販売していた「ウイン教育センター」(神戸市)と「ネイク」(兵庫県明石市)の2社が経営破綻し、多くの購入者が学習指導を受けられないままクレジット支払いを強いられているとして、兵庫県弁護士会(堺充広会長)は26、27の両日、被害者を対象とした無料電話相談会(078・351・5030)を開く。

 県弁護士会によると、両社は関連会社。ともに今年9月ごろに学習指導を停止し、12月6日付で破産手続きに入った。教材は1契約当たり100万円前後と高額だが、全国で計200人以上がクレジット契約を結ぶなどして購入したとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです